シミ隠しにはコンシーラーを使おう|自然な肌質が演出できる

女性

美しい肌を維持するために

クリーム

保湿とコラーゲン

妊娠中、気になってくるのが妊娠線です。妊娠線予防には様々なクリームが販売されていますが、どのような特徴があるのでしょうか。まず、妊娠線予防クリームに必ずあるのが保湿効果です。肌が乾燥してしまうと皮膚の伸縮性が減ってしまいます。すると、大きくなったお腹やバストに引き伸ばされた皮膚が耐えきれず、表皮の下のコラーゲン組織や真皮の部分に亀裂が走ってしまうのです。できた亀裂から下の血管などが赤紫色に透けて見えるのが妊娠線です。肌の潤いを保ち伸縮性を維持して妊娠線を予防しましょう。次いで多く配合されているのがコラーゲン生成を促す成分です。妊娠中はホルモンの影響でコラーゲンの生成が減ってしまいます。これを補うことで皮膚の弾力と、できてしまった妊娠線の回復が期待できます。

選ぶ際には

妊娠線予防クリームにはこれらの成分の他にも様々な特徴があります。このほかにも様々な美容成分が配合されているものも人気ですし、シアバターやホホバオイルなど天然の原料を用いたものも人気があります。妊娠中はいつもに比べて肌が敏感になりがちです。合成成分を使用しないことで体にやさしいクリームも開発されていて、より自然なものを取り入れたいという方にはおすすめです。また敏感な肌に対応するためにはアルコールフリー、パラベンフリー、無着色などなるべく刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。本当に刺激の少ないものは、生まれてきた赤ちゃんのスキンケアにも使うことができます。クリームの香りもポイントです。妊娠中は匂いに敏感になる方が多いので自分にあった香りのものを選ぶとよりリラックスしてケアができるでしょう。